沿革

全て表示 受賞歴

令和22020年

2

「Goolight開局30周年記念式典・感謝のつどい」を開催

株式会社Goolight「開局30周年記念式典・感謝のつどい」を2月22日、須坂市内で開催しました。総務省信越総合通信局坂中靖志局長、長野県小岩正貴副知事、日本ケーブルテレビ連盟吉崎正弘理事長はじめ、須坂市三木正夫市長、高山村内山信行村長のご臨席をいただき、およそ140名が出席いたしました。式典では、Goolightが制作した「色で見る地域の景色」「地域とともに」「30人の皆様からのお祝いメッセージ」を映像で紹介。また、須坂市三木市長からは台風19号の災害報道に対しGoolightに感謝状が授与されました。
株式会社Goolightは、開局30周年をひとつの節目として、これからは「町づくり事業会社」として新たな事業領域にも積極的に挑戦してまいります。今後とも変わらぬご支援とご指導をよろしくお願いいたします。(2/22)

Goolight開局30周年記念「NHK青春の歌声コンサート」開催

Goolightは開局30周年を記念したイベントとして「NHK青春の歌声コンサート」を須坂市メセナホールで開催しました。当日は、抽選で招待されたおよそ1,100名のお客様が来場。芹洋子さん、紙ふうせん、合田道人さんとともに事前にリクエストしていただいたおよそ2,000通の応募から上位10曲を楽しみました。(2/11)

須坂市から委託、運営する「ふるさと信州須坂のつどい」を開催

長野県須坂市が主催し、Goolightが委託運営をする「ふるさと信州須坂のつどい」を都内のホテルで開催しました。今年度も須坂市出身者や須坂市にゆかりのある首都圏在住者を招き、須坂市長はじめ、地元政財界の関係者、およそ80名が出席。10回目を記念する今年は、基調講演として信州大学特別栄誉教授・特別特任教授の遠藤守信先生の講演も行われました。(2/8)

1

産学官連携地域文化創生事業「台湾プロジェクト成果報告会」を開催

高山村保健福祉センター(チャオル)で高山村・女子美術大学・(株)Goolight、そして国立台湾芸術大学と展開している産学官連携地域文化創生事業「台湾プロジェクトの成果報告会」を開催しました。
2006年から地方創生連携事業を展開している女子美術大学、長野県高山村、株式会社Goolightは、2017年より、女子美術大学と提携交流を行う国立台湾芸術大学とともに、高山村および台湾・新北市烏來区双方の魅力を学生の視点から創造発信しており、台湾プロジェクトは本年度3年目を迎えました。報告会では、台北駐日経済文化代表処梁毅鵬顧問を来賓にお迎えし、内山信行高山村長や村議会議員、小倉文子女子美術大学学長、陳志誠国立台湾芸術大学学長らが出席する中、今年度のプロジェクトテーマである高山村の「手ぬぐい」、烏來区の「お土産用紙袋」のデザインについて、その制作過程やコンセプトなどの発表を行いました。
なお、Goolightでは、長野県高山村と台湾新北市烏來区の町づくりを支援するドキュメンタリー番組を4K映像で制作しています。この番組は台湾の地上波民放局とケーブル4Kチャンネルで全国放送します。(1/29)

<放送予定>
FTV民視無線台 2月23日(日)17:30~
ケーブル4K 3月27日(金)予定

特別番組「須坂市長選挙開票速報」を生中継で放送

Goolightでは、特別番組「須坂市長選挙開票速報」を1月19日(日)21時から最終確定票判明まで、スタジオと開票所、各陣営を結び生中継で放送しました。開票作業終了後、当選した三木市長にはスタジオにお越しいただき、5期目の抱負と決意を伺いました。(1/19)

なお、Goolightでは須坂市長選挙に関する有権者アンケート調査を実施しました。ご協力いただいた皆様には、たくさんの回答・ご意見をいただきありがとうございました。集計結果は以下のページにて公開しています。
https://www.goolight.co.jp/news/20200121news

令和2019年

12

ながの電力株式会社が新プラン『ながのプラン』を開始

Goolightの関連会社である、ながの電力株式会社は、2019年12月17日より、『ながのプラン』の提供を開始いたしました。ご利用頂く電力にはながの電力のグループ会社である自然電力株式会社が長野県小布施町に所有する小布施松川小水力発電所で発電した再生可能エネルギー(電力)が含まれており、電力の地産地消の第一歩を目指します。(12/23)

アジア最大級の番組・映像コンテンツの展示会、ATFに出展

12月5日から7日の3日間、シンガポールで開催されたATF(ASIA TV FORUM & MARKET)に、 Goolightは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟、日本デジタル配信株式会社、株式会社秋田ケーブルテレビとともに合同でブースを出展しました。Goolight制作の番組「北信濃に暮らして~日本を感じるとき」や「幽谷の古刹~長野・米子瀧山不動寺~」など、須坂市を中心に、北信濃地区の魅力を伝える番組を販売。Goolightの出展は、今年で3回目の出展となります。(12/5~7)

本社事務所を移転

業務の拡大に伴い事務所を増床し、受付窓口を移転いたしました。これを機に、更なるご愛顧を賜わりますよう、社員一同引き続き努力を致す所存です。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

○住所:長野県須坂市北横町1295-1 シルキービル2F
 ※住所の変更ございません
○受付窓口:シルキービル2F 正面奥に移転しました

11

弊社開局30周年記念の感謝パーティー 東京・南青山で開催

Goolightの開局30周年を記念した感謝パーティーを11月28日、東京・南青山で開催しました。今回、ご招待したのは長年お世話になっている番組供給事業者の経営者・担当者およそ60名。冒頭で衛星放送協会の岡本光正専務理事など幹部の皆様からご挨拶いただきました。なお、長野県須坂市での30周年記念式典及びパーティーは2020年2月22日開催の予定。(11/28)

長野県が進める「長野県SDGs推進企業登録制度」に登録されました

長野県が進める『長野県SDGs推進企業登録制度』に登録され、11月13日、長野県庁にて阿部知事より登録証の交付を受けました。
この制度は、長野県が企業活動等を通じてSDGs(持続可能な開発目標)の達成に意欲的に取り組む県内企業等を登録・PRする制度として創設されました。「環境」「社会」「経済」の3側面を踏まえ、企業等が経営戦略としてSDGsを活用することを長野県が支援するものです。
Goolightは「地域に密着した放送・通信・文化事業を通じて地域社会に貢献できる企業を確立します。」という経営理念のもと、須坂・高山・小布施にとって欠かすことの出来ない存在となるべく6つの経営ビジョンを掲げます。

1. 常に先進のサービスを提供できる基盤整備の確立
2. 地域の皆様の生活を豊かにするコンテンツの提供
3. 新たなビジネス領域への挑戦
4. 人材育成・安定雇用に向けた積極的な取り組みと実践
5. 地域公共財としての使命
6. 安定した財務基盤の確立

この6つの経営ビジョンを達成することで高い社会的価値と公共性を持った企業活動を展開します。社員全員が目標達成に向けて活動していくことでSDGsの達成に貢献していきます。(11/13)

ながの電力が令和元年台風第19号の被害に対する支援を目的に新プランを開始

株式会社Goolight(代表取締役社長:丸山康照)の関連会社である、ながの電力株式会社(代表取締役:磯野謙、丸山康照、以下「ながの電力」)は、このたびの令和元年台風第19号による甚大な被害に対し、ご希望されるお客様の使った電気代のうち1%と、その同額をながの電力が拠出し、寄付金とする「ForNAGANO」プランを開始いたしました。これは、お客様にご請求する電気代は変わらず、お支払い頂いた電気代の一部を被災地に寄付するものです。寄付金は、ながの電力が本社を置く小布施町に寄付し、必要な場所に適切にお届けいただく予定です。(11/12)

9

第4回Goolight杯争奪囲碁大会を開催

第4回Goolight杯争奪囲碁大会を日野地域公民館別館で開催しました。最高齢88歳の方をはじめ、須高地区から14名の棋士が参加。競技は、囲碁将棋チャンネルが主催する「囲碁アマチュア竜星戦」への出場をかけた代表選抜戦クラスとSクラスの2つに分かれて対局が行われ、代表選抜戦は井出一郎さま、Sクラスは本澤辰夫さまがそれぞれ優勝を決めました。(9/23)

スラックラインワールドカップジャパンにおいて「総務省5G総合実証試験」を実施

GoolightとKDDI株式会社、アソビズム株式会社、一般社団法人スラックライン推進機構、長野県上高井郡小布施町は、「2019スラックラインんワールドカップジャパン」において、第5世代移動通信システム「5G」を活用した総務省の5G総合実証試験プロジェクトを実施しました。ニュースポーツ「スラックライン」に5Gを導入することで、5Gの同時多接続と超低遅延性を活かした選手と観客の一体感を演出するアプリケーションツールを開発し、会場を訪れた観客の皆さんにも体感していただきました。(9/15)

2019スラックラインワールドカップジャパンを全国へ生中継

2019スラックラインワールドカップジャパンが信州小布施町で開催されました。日本をはじめ世界各国から17名の選手が出場。2019年世界チャンピオンに輝いたのは、地元小布施町から出場した絶対王者、木下晴稀選手(長野県・19歳)。Goolightは、すこうチャンネルとケーブルテレビ業界統一の4K専門チャンネル「ケーブル4K」にて、生中継を行った他、長野県ネットワークを活用した県内ケーブルテレビ6局にも2Kの生中継を実施。また、インターネット生配信を実施することで、長野県内から全世界へ、LIVEならではの興奮を広くお届けしました。(9/15)

受賞歴

第45回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードで2番組が入賞

一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主催する「第45回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード」でGoolightが制作した番組「北信濃に暮らして~日本を感じる時~」がコンペティション部門奨励賞、「日台藝術交流之旅~芸術ガールの新たな挑戦~」が4K部門優秀賞をそれぞれ受賞いたしました。なお、番組アワードの入賞は3年連続となります。(9/12)

第6回Goolight杯須坂市ゴルフ大会を開催

6回目の開催となるGoolight杯須坂市ゴルフ大会を峰の原高原の菅平グリーンゴルフ場で開催しました。今年も市内外からゴルフ愛好家18組72人が参加。午後から会場は濃霧に包まれ、厳しいプレー環境の中熱戦を繰り広げ、団体の部は「臥竜クラブ」、個人の部は見波春紀さんが優勝しました。(9/11)

8

Goolight開局30周年記念特別協賛「コバケンとその仲間たちオーケストラin須坂」を開催

8月4日(日)に須坂市メセナホールで開催された「コバケンとその仲間たちオーケストラin須坂」に開局30周年記念事業として特別協賛しました。この事業は長野県芸術監督団事業として開催され、当日は超高精細4Kカメラ12台を駆使し、Hybrid Log-Gamma (HLG) 方式 で記録し、HDR (High Dynamic Range) で仕上げ、完成規格はITU-R BT.2020準拠のマスタとなります。また、音声は5.1chサラウンド収録仕上げとなります。なお、この模様はGoolightのすこうチャンネルをはじめ、長野県内のケーブルネットワークを活用して県内各局に配信する他、ケーブル4Kチャンネルにおいて全国でも放送する予定です。(8/4)

Goolightは開局30周年を迎えました

1989年8月1日に須高ケーブルテレビ株式会社として開局した弊社は、2018年10月に社名を株式会社Goolightに変更し、2019年8月1日に開局30周年を迎えました。「町づくり会社」をめざし、新しい事業領域に挑戦してまいります。(8/1)

「2019スラックラインワールドカップジャパン」を4Kで収録・生放送!!

2019年9月15日(日)に開催される『2019スラックライン ワールドカップ ジャパン フルコンボ』を超高精細映像の4Kで収録し、地域や長野県内及び全国へ配信する他、大会運営に参画します。また、日本デジタル配信と連携し、この番組をケーブルテレビ共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」で生中継し、全国にお届けします。スラックライン競技の中継は、一昨年のワールドカップ大会、昨年のジャパンカップに続き3年連続となります。大会の模様は、Goolightのすこうチャンネル、ケーブル4Kを通じた全国生中継をはじめ、インターネットでの生配信を実施することで、長野県内から日本各地、そして世界各国へ、LIVEならではの興奮を広くお届けします。(8/1)

7

Goolight開局30周年記念「よくばりな人生~報道写真家・笹本恒子~」を全国放送

開局30周年を記念したドキュメンタリー番組「よくばりな人生~報道写真家・笹本恒子~」をケーブル4Kチャンネルを通じて全国放送します。笹本恒子さんは、現在104歳。日本初の女性報道写真家として、戦中・戦後の混沌とした時代から昭和~平成まで多くの時代をカメラにおさめてきました。番組では、日本初の女性報道写真家の笹本恒子さんの人生に寄り添いその人間像に迫ります。(7/29)

ながの電力が「長野県SDGs推進企業」に登録されました

Goolightの関連子会社「ながの電力」は、長野県が進める「長野県SDGs推進企業登録制度」に登録され、7月26日、長野県庁にて阿部知事より登録証の交付を受けました。長野県SDGs推進企業登録制度への登録により、まずは自らがSDGsに掲げられた指標を満たし、さらに充実した企業となって、環境・社会・経済の側面から長野県におけるSDGsの推進に貢献してまいります。(7/26)
※長野県SDGs推進企業登録制度

Goolight開局30周年記念「第42回須坂カッタカタまつり生中継」を放送

開局30周年を記念し、今年の須坂カッタカタまつりは、笠鉾会館ドリームホールに特設スタジオを設置し、様々な地域のゲストを迎え、4時間の生中継を放送しました。中継は特設スタジオと祭り会場の他、ご家庭やお店にも訪問。また、今年は初めて仁礼町と中継を結び「高仁神社御祭禮」の様子と夏の夜空にあがる花火をお届けしました。さらに、番組をインターネットで全国世界に同時配信しました。(7/20)

小布施町で地域BWAを活用した無線インターネットサービス「GoolightAIR」をスタート

地域BWAを利用した無線インターネットサービス「GoolightAIR」を、小布施町内の一部集合住宅を対象に提供を開始しました。このサービスは、専用の無線端末を設置するだけで、最大110Mbpsの高速通信が月額2,900円(税別)でご利用いただけます。(7/1)

6

Goolightでんきサービス開始記念「お客様感謝祭」を開催

6月1日サービスを開始した「Goolightでんきサービス」を記念しお客様感謝祭を開催しました。お客様の電気料金と使用量をもとにGoolightでんきの料金シミュレーションを行いお得なプランを提案、また4K放送や1ギガインターネットといった最新の光サービスの展示や、ゲームコーナーの出展や大抽選会を行い、2日間で約400組のお客様で賑わいました。
(6/15・16)

総務省のインバウンド推進事業「放送コンテンツ海外展開強化事業」に採択されました

総務省「放送コンテンツ海外展開強化事業(連携型)」に、MBC南日本放送とGoolightがボーダレスな連携を実現させ、屋久島・志賀高原を中心としたトレッキングツーリズムをテーマに、台湾からの訪日リピート需要の開拓を図る企画「台湾向け鹿児島・信州トレッキングツーリズム」が採択されました。鹿児島と長野という2つのフィールドが連携した台湾放送局との共同制作番組の放送と連動事業を通じて、地方都市へのインバウンド増とそれぞれの特産品の消費拡大を狙います。なお、総務省の海外コンテンツ展開事業の採択は4年連続となります。(6/12)

新サービス「Goolightでんき」の提供を開始

Goolightが電力小売事業者であるサミットエナジーの取次業者となり、「電力のサービス」の提供を開始しました。(6/1)

5

須高地域の中学生を対象に安心・安全動画ワークショップを開催

須高地域の中学生を対象とした「安心・安全動画ワークショップ」を開催しました。このワークショップは、インターネットやスマートフォンの安心で安全な利用方法に関する動画制作とその動画を活用しインターネットの正しい使い方についてわかりやすく周知啓発していくことを目的に、弊社と総務省信越総合通信局、信越情報通信懇談会が主催するイベントで、この日は、須高地域の中学校から生徒20名が参加しました。それぞれの学校ごとに動画のテーマを決め、自分たちで構成・撮影・編集を行い動画を完成させました。完成した動画は、小中学校のインターネットリテラシー講座などで活用される他、「インターネットの安心・安全に関する動画フェスタ2019」に応募予定です(5/11)

多言語情報発信サイト「nippon.com」と連携協力を合意

Goolightと秋田ケーブルテレビは、CATVの地域コンテンツを海外へ発信する事を目的として、日本の情報を多言語で発信するサイト「nippon.com」を運営する公益財団法人ニッポンドットコムと相互に連携協力する事を合意いたしました。地域密着であるCATVならではのピンポイントな映像や情報を定期的に「nippon.com」へアップすることで、日本の「いま」を「広く」かつ「深く」発信していきます。また、提供した映像・番組は「nippon.com」のプラットフォームと連携し、最大で7言語に翻訳され、世界各国に長野、秋田をプロモーションいたします。(5/9)

平成312019年

4

世界遺産「京都・仁和寺」でスラックラインのプロモーションビデオを撮影

世界遺産に登録される真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)を舞台に、地元長野県・小布施町を中心に盛り上がりを見せるニュースポーツ「スラックライン」のフル4K映像によるドキュメンタリー番組及びプロモーションビデオの撮影を行いました。仁和寺で世界トップレベルのパフォーマンスを企画するのは初めての試みとなります。(4/10・11)

動画はこちら(youtubeで再生されます)

ドローン映像による鹿児島と北信濃の4K番組を共同制作

鹿児島県の株式会社南日本放送とドローン映像を活用した4K空撮番組「鹿児島×北信濃 そらじかん」の共同制作及び放送を決定いたしました。この共同番組制作は、MBC南日本放送が保有する屋久島をはじめとした鹿児島県の4K空撮映像とGoolightが保有する北信濃エリアを中心とした4K映像を毎月レギュラー番組として制作し、両県をはじめ、全国のケーブルテレビネットワークなどを通じ、鹿児島、長野の魅力を広く発信する事を目的としています。(4/2)

3

受賞歴

インターナショナルドローンフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞

秋田県仙北市で開催された「仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2019」においてGoolightが制作した番組「米子大瀑布の四季」が全116作品の中から審査員特別賞を受賞いたしました。この番組は、4Kカメラを搭載したドローンを用いて、国の指定名勝でもある「米子大瀑布」の四季の移り変わりを撮影したものです。(3/21)

【信州須坂プロモーション事業】

平成30年度信州須坂プロモーション事業報告会を開催。須坂市三木正夫市長をはじめ市幹部、市議会議員、観光協会、商工会の関係者が出席。番組制作やイベント出展といった一年間の活動実績を報告しました。本年度は国内6ヶ所、海外1ヶ所のリアルイベントをはじめ、峰の原高原をテーマにした4K番組の制作と体験型ツアーを映像化。また、全国のケーブルネットワークを活用したプロモーション活動を積極的に展開しました。(3/20)

【信州須坂プロモーション事業】

愛知県名古屋市で開催の「旅まつり名古屋2019」に出展しました。おやきやりんごジュースといった特産品の販売と観光パンフレットを配布。愛知県では初の販売となる信州須坂フルーツエールをサーバーで提供し、大人気となりました。また、市の花と緑のまちづくり事業マスコットキャラクターかんなちゃんも同行し、ステージイベントを行い須坂市をPRしました。(3/16・17)

【総務省放送コンテンツ海外展開強化事業報告会開催】

総務省の放送コンテンツ海外展開強化事業「デザインと地域をつなぐ日台交流 ~新たなインバウンド戦略として~」の関係者向け事業報告会を東京「銀座NAGANO」で開催しました。当日は、総務省をはじめ、長野県、高山村、女子美術大学、また台北駐日経済文化代表処からも関係者が出席。台湾で放送した番組『Let’s Experience Shinshu ~知られざる信州の魅力~』、『日台藝術交流之旅~芸術ガールの新たな挑戦(台日藝術交流之旅)』の試写と、今後の事業展開について意見交換を行いました。(3/6)

2

旅チャンネル「榊原郁恵の町のお嬢さん・小布施町編」を放映

Goolightが協力し小布施町を舞台に収録が行われたCS専門チャンネル・旅チャンネルの人気番組「榊原郁恵の町のお嬢さん」が、平成31年2月10日(日)に旅チャンネルで初回放映されました。今回の番組は4Kで制作したもので、4K版はケーブル4Kチャンネルでも放映され、全国に北信濃の魅力をアピールしました。(2/10)

須坂市から委託、運営する「ふるさと信州須坂のつどい」を開催

須坂市出身者や須坂市にゆかりのある首都圏在住者を招き、須坂市長はじめ、政財界の関係者およそ80名が出席し東京都千代田区のホテルで「ふるさと信州須坂のつどい」を開催しました。この交流会は毎年2月に都内で開催しておりGoolightが運営を委託されています。(2/9)

地域BWAを活用した無線インターネットサービス「GoolightAIR」をスタート

地域BWAを利用した無線インターネットサービス「GoolightAIR」を、須坂市内の一部集合住宅を対象に提供を開始しました。このサービスは、専用の無線端末を設置するだけで、最大110Mbpsの高速通信が月額2,900円(税別)でご利用いただけます。(2/6)

須坂市議会議員選挙に関するアンケートを実施

平成31年2月10日任期満了に伴う須坂市議会議員選挙にあたり、Goolightでは有権者アンケートを実施しました。アンケートは市内の有権者50名から議員のなり手不足の要因や、議員に望むことなど全7項目で聞いたものです。なお、集計結果はニュースウォーカーで放送後、ホームページ上で公開しています。(2/4)

集計結果はこちら
※須坂市議会議員選挙は始まって以来、初の無投票選挙となりました。

NHKBSプレミアム「ザ・穴場ツアー 冬の信濃路 珍味・北斎・おもてなし」が放映

Goolightが協力したNHKBSプレミアムの番組「ザ・穴場ツアー」の収録が小布施町で行われ、2月2日(土)18:30から全国で放映されました。小布施町を訪れたタレントのU字工事さんは、Goolightスタッフの案内で、葛飾北斎が残した秘蔵の作品や民家の庭先を公開するオープンガーデンの取り組みなどを紹介。通常の観光では体験できない”穴場”を巡り紹介しました。(2/2)

1

【総務省放送コンテンツ海外展開強化事業】4K制作の番組を台湾・民視無線台で放映

女子美術大学と国立台湾芸術大学の学生が日台双方の温泉地の活性化に取り組む活動に密着したドキュメンタリー番組「日台をつなぐデザインプロジェクト」が1月13日(日)に台湾の地上波テレビ局、民視無線台(FTV)で放映されました。国を越えた学生の視点により、ともに温泉地として観光戦略を進める長野県高山村と台湾新北市・烏來区の町づくり支援をテーマにしたドキュメンタリー番組です。この番組はインバウンドを目的とした総務省放送コンテンツ海外展開強化事業のひとつとして制作されたものです。なお、国内では、平成31年3月にケーブル4Kチャンネルで全国放送、4月にすこうチャンネルで放送予定です。(1/13)

【信州須坂プロモーション事業】

富山県高岡市で開催された、第33回日本海高岡なべ祭りに出店。須坂市からは郷土食ブランド作りグループが同行し郷土食の「ひんのべ汁」を提供し人気を集めました。今年は7回目の参加出店で認知度が高まり、イベント開始から約2時間という早さでのべ750杯が完売するほどの大盛況となりました。(1/12・13)