沿革

全て表示 受賞歴

令和32021年

4

24時間ライブチャンネル「グーライブ」スタート

2021年4月1日から地域の安心安全をサポートする24時間ライブチャンネル「グーライブ(地上111ch)」の放送をスタートしました。「グーライブ」は、「すこうチャンネル(地上121)」、「たかやまチャンネル(地上122)」とともに放映するコミュニティチャンネルで、2007年から放送している「地域情報チャンネル」を全面リニューアルしたチャンネルです。
「グーライブ」では20台以上のHDライブカメラや行政、公共交通機関とのSNS連携、さらに須坂市消防本部からの火災情報など「地域の安心安全」を24時間お届けします。(4/1)

■リリースの資料はこちら

新チャンネル「アニマルプラネット(HD)」の放送を開始

テレビサービス・標準コースのチャンネルラインナップに「アニマルプラネット(CATV186ch)」が加わり、4月1日からハイビジョンで放送を開始しました。野生動物からペットまで豊富なラインナップを取り揃える世界最大級の動物チャンネルをどうぞお楽しみください。(4/1)

3

高山村全域にFTTHネットワークをベースとした「緊急FM告知放送システム」を整備

2019年6月から整備を進めてきた「高山村・緊急FM告知放送システム」の戸別端末の設置がこのほど全村で完工し、およそ2,400戸で本格運用を開始しました。これは高山村が「安心安全のまちづくり」として整備する防災行政無線と連携したシステムで、GoolightのFTTHネットワークを活用し全村に戸別受信機を整備したものです。
Goolightはこれからも地域の安心・安全を全力でサポートするとともに、地域の発展に貢献して参ります。(3/31)

2

【信州須坂プロモーション事業】主要都市のCATV4局と連携しリモートで須坂をPR

信州須坂プロモーション事業の一環で、東京(イッツ・コミュニケーションズ株式会社)・兵庫(株式会社ベイ・コミュニケーションズ)・静岡(株式会社TOKAIケーブルネットワーク)・富山(株式会社ケーブルテレビ富山)のケーブルテレビ4局で放送されるコミュニティチャンネルにリモートで出演し、須坂市の人気スポット世界の民俗人形博物館で開催中の「三十段飾り千体の雛祭り」など地域の魅力をPRしました。リモートでのテレビ出演は初めての試みで、新型コロナウイルスの影響により、イベントの開催や都道府県をまたぐ移動が制限される中、全国のケーブルテレビ局と映像コンテンツを活用した新しいプロモーションを展開しました。(2/28)

新チャンネル「ディズニージュニア」の放送を開始

テレビサービス・標準コースのチャンネルラインナップに「ディズニージュニア(CATV244ch)」が加わり、2月1日から放送を開始しました。ディズニーがお届けする小さなお子さまのための専門チャンネルです。どうぞお楽しみください。(2/1)

1

一般財団法人日本笑顔プロジェクトと「災害時における相互支援に関する協定」を締結

Goolightと、一般財団法人日本笑顔プロジェクト(長野県小布施町:代表 林 映寿)は、「災害時における相互支援に関する協定」を締結しました。災害時において、Goolightは、無人航空機(ドローン)等による撮影や映像の提供を行い、また、日本笑顔プロジェクトは、そうした映像を参考に全地形型対応車(四輪バギー)や重機を活用した災害支援を行い、それぞれの特性を活かした地域の災害支援の強化を図ります。(1/18)

観光庁「誘客多角化等のための魅力的なコンテンツ造成事業」
新しい生活様式に対応した「すざか花火プロジェクト」を開催

今年度受託した、観光庁「誘客多角化等のための魅力的なコンテンツ造成事業」において、新しい形の花火大会を開催しました。この花火大会は、コロナ対策を念頭に密集を避け、会場内の特別駐車場に事前予約した40台100名のお客様を招待し、車内から鑑賞できる新しい形の花火イベントの実証を行いました。花火の打ち上げは、地元須坂市の花火師篠原煙火店とリオ五輪閉会式の花火の演出に関わった池端信宏氏がコラボレーションしました。さらに、この花火大会の模様は、インターネットで生中継し、全世界に配信しました。(1/9)

令和22020年

12

長野県立歴史館で「Goolight(グーライト)の日」を開催

長野県立博物館とGoolightが企画する「県立歴史館×Goolightの日」を12月20日に開催しました。このイベントは、Goolightが特別協賛し、須高地域の子どもたち約30組をバックヤード探検ツアーに招待。日頃見ることができない長野県立歴史館の裏側を見学したり研究員の方からの解説で楽しい一日を過ごしました。また、この日は、全ての方が入館料無料となり、特別に公開された長野県由来の徳川家康の古文書などが多くの人気を集めました。さらに、県立歴史館に関連する「土偶」や「県内のまつり」などGoolightが制作した4K番組をお楽しみいただきました。(12/20)

須坂市、小布施町、高山村と災害応援協定を再締結

Goolightは、2007年8月に須坂市、小布施町、高山村と「災害時におけるケーブルテレビ放送要請に関する協定書」を締結していましたが、昨年、須高地域でも甚大な被害があった「令和元年東日本台風」での報道経験を踏まえ、協定書の内容をより自治体と連携した内容に修正し、このほど3市町村とあらためて災害応援協定を締結しました。
主な修正点は、災害時、被害状況の確認などに「無人航空機(ドローン)を活用した映像の提供」、「避難所などの取材時に被災者から聞き取った住民の要望などの共有」、「災害本部からの定期的な報道訓練の協力」等で自治体とケーブルテレビの役割を明確にし、より一層、地域の皆様に安心安全をお届けできる体制を確立いたします。(12/2)

※リリースの資料はこちら(PDFで開きます)

11

総務省「放送コンテンツ海外展開強化事業」 鹿児島県・南日本放送と連携し台湾に向けて情報発信

総務省から採択を受け台湾に向けて地域をPRする「放送コンテンツ海外展開強化事業」のプロジェクトが始動。昨年度に続き、南日本放送(鹿児島県)と連携し、台湾に向けて長野と鹿児島をPRします。今年度のテーマは「観光列車」。鹿児島県と熊本県をつなぐ「肥薩おれんじ鉄道」と、長野県を代表する観光列車「しなの鉄道ろくもん」を取材しました。この番組は、2021年1月30日・31日に台湾全土をカバーする地上波放送局「民視無線台(FTV)」で放送予定です。(11/22・11/27)

第36回須坂市消防団音楽隊定期演奏会をインターネットでライブ配信

新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客での開催となった須坂市消防団音楽隊定期演奏会を須坂市メセナホールから、地域情報チャンネルで生中継と、インターネットで全国にライブ配信を行いました。(11/8)

高山村村長選挙開票速報を生中継

現職と新人による一騎打ちの選挙戦となった高山村長選挙の開票速報を最終票確定まで生中継しました。(11/1)

■事前に収集した有権者アンケートの結果はこちら

10

4K特別番組「田中泯 北信濃を踊る」撮影

世界的に活躍する舞踊家田中泯さんが北信濃飯山市小菅と、須坂市にある長野県指定史跡「八丁鎧塚古墳」を舞台に表現する「場踊り」を4Kで撮影しました。この特別番組は、2021年春にケーブル4Kで全国放送の予定です。(10/23~25)

「NHKのど自慢 長野県須坂市」の予選会を収録した特別番組を県内CATVで放送

7か月ぶりに開催された「NHKのど自慢」が須坂市メセナホールを会場に行われ、予選会の模様をGoolightが収録し特別番組として県内CATV3局で放送されました。今回の「NHKのど自慢」には、577組の応募があり、選出された150組が予選会に出場し、自慢の歌声を披露しました。(10/3)

9

小布施町、Goolight、自然電力、シグマクシスが「次世代型インフラの実現に向けた包括連携協定」を締結

小布施町と株式会社Goolight、自然電力株式会社、株式会社シグマクシスが、「次世代型インフラの実現に向けた包括連携協定」を締結しました。民間会社3社は、小布施町の第6次総合計画における水道・電気・通信分野の重要インフラについて町と協議を進めます。また、Goolightは、町内への地域 BWA 無線通信インフラの整備をはじめ、次世代無線通信インフラとして注目されている「ローカル 5G」の活用を通じて、小布施町のまちづくりにも積極的に関与し、未来志向の地域創生に寄与してまいります。(9/23)

※リリースの資料はこちら(PDFで開きます)

2020スラックラインジャパンカップを全国へ生中継

2020年のスラックラインジャパンカップが小布施町で開催され、日本一を決めるスーパークラスの男子8名、女子7名の選手が小布施町に集結。男子では菊川信選手、女子では竹部茉桜選手が日本一となりました。なお、Goolightで、当日の模様を4K映像で収録し特別番組を制作。ケーブルテレビ業界統一の4K専門チャンネル「ケーブル4K」で10月30日に全国放送、10月31日にすこうチャンネルで放送予定です。今年は無観客での開催となりましたが、当日、Goolightではインターネットで生中継を実施、長野県内から全世界へ、LIVEならではの興奮を広くお届けしました。(9/21)

受賞歴

令和元年度の第65回前島密賞の贈呈式が開催されました

公益財団法人通信文化協会が主催する令和元年度の「第65回 前島密賞」が9月18日、開催され、当社の丸山康照代表取締役社長をはじめ26名1団体が表彰されました。前島密賞は、情報通信、郵政事業、放送事業の発展に著しい功績のあった者に贈呈されており、令和元年度の贈呈式は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていました。(9/18)

<公益財団法人通信文化協会ホームページ:前島密賞について>
http://www.tsushinbunka.org/maejima.html

受賞歴

第46回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードの新人賞部門で奨励賞を受賞

Goolightが4Kで制作した番組「よくばりな人生~報道写真家・笹本恒子~」が、第46回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードの新人賞部門で奨励賞を受賞いたしました。今年の番組アワードは、コンペティション部門、コミュニティ部門、新人賞部門、4K部門あわせて214作品が応募されました。その他の受賞番組は、日本ケーブルテレビ連盟ホームページでご覧ください。(9/17)

<日本ケーブルテレビ連盟ホームページ>
https://www.catv-jcta.jp/topics/detail/1798

長野LP協会長野支部と災害時における情報広報について意見交換会を開催

2016年3月に締結した株式会社Goolightと長野LP協会長野支部との「災害時における情報等の広報に関する協定書について」、これからの台風・大雨シーズンを前に協定書の一部見直しや合同訓練等の参加について情報交換会を開催しました。引き続き、両者は災害時だけでなく、平時においてもプロパンガスや火の取り扱いなどについて、テレビ放送やSNSを活用した情報発信を強化してまいります。(9/10)

「the kobaken レクチャーコンサートin軽井沢 ~炎のマエストロ小林研一郎とその仲間たちプレミアムオーケストラ~」をケーブル4Kで全国放送

“炎のマエストロ”こと小林研一郎が率いる「コバケンとその仲間たちオーケストラ」が、8月2日、軽井沢大賀ホール(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催したレクチャーコンサートの模様をGoolightが4Kで収録。ケーブル4Kで9月6日に全国放送されました。(9/6)
なお、すこうチャンネルでは、9月19日~22日に放送いたします。どうぞお楽しみに。

須坂市と災害時における新たな協定書を締結

防災の日の9月1日、須坂市と株式会社Goolightは、2007年に締結した「災害時におけるケーブルテレビ放送要請に関する協定書」を見直し、新たにSNSでの情報発信や避難所への無線LAN構築支援、さらにドローン映像での災害情報の共有等を盛り込んだ「災害時におけるケーブルテレビ放送並びにインターネットでの情報伝達に関する協定書」を締結しました。また、年間を通じて須坂市災害対策(警戒)本部となる会場から定期的に合同訓練を実施することに合意しました。なお、本協定書については、小布施町、高山村とも締結する予定です。(9/1)

8

Goolightが制作した2つの4K番組がケーブル4Kで全国放送

Goolightが制作した番組、「北信濃の祭りと伝統文化」と「地域を愛する研究者~遠藤守信物語~」が8月28日にケーブル4Kで全国放送されました。(8/28)

【北信濃の祭りと伝統文化】
祭りを通じて地域を応援し、地域の貴重な伝統文化を後世に遺す。地域の皆様が丹念に紡いできた祭りの魅力を番組で発信します。疫病を払う笠鉾で須坂市内を巡行する須坂祇園祭、明治から大正にかけ製糸業で栄えた須坂を伝えるカッタカタまつり。“須坂小唄”は中野市出身の中山晋平が作曲をしています。北信濃に伝わる素晴らしい地域祭り文化の数々を県立歴史館笹本正治館長とともにお伝えします。

Goolight開局30周年記念番組【地域を愛する研究者~遠藤守信物語~】
カーボンナノチューブので世界的権威で信州大学特別栄誉教授・特別特任教授の遠藤守信さん。遠藤教授が発見したカーボンナノチューブが、スマートフォンやパソコンのリチウムイオン電池の材料として用いられるなど、その研究は世界中で広く使われている電子機器の発展に貢献しています。遠藤教授が科学の道を志す原点は、地元・須坂市にありました。生い立ちやカーボン研究との出会い、そして、現在目指す新たな夢・世界を救う水の研究。人々の生活を豊かにするため、今も大きな夢を追いかけ続ける世界的科学者遠藤守信さんと、地域へそそぐ深い愛情を描きます。

須坂市と連携し「災害対策本部設置・運営訓練」を実施

Goolightは、須坂市と連携し「災害対策本部設置・運営訓練」を実施しました。この日は、須坂市の災害対策本部となる市役所305会議室に、三木正夫須坂市長はじめ、市幹部・担当者19人が参集。また、Goolightからはメディア推進本部の7人が参加し、大型台風による大雨・洪水警報が発令したことを踏まえた一連の災害訓練を行いました。
地域の災害報道は、コロナ感染拡大による対応の見直しも急務で2007年に締結した須坂市とGoolightの「災害応援協定」を一部修正し、①避難所でのテレビ・WiFi整備のサポート、②ドローンを活用した災害状況の提供、③インターネット・SNSでの情報発信、④住民要望についての共有などについても盛り込んだあらたな災害支援協定を9月1日付で締結します。(8/21)

「スラックライン2020フルコンボジャパンカップ」
4K番組の制作、インターネットライブで大会運営を支援!

Goolightは、9月21日に開催される「スラックライン 2020フルコンボジャパンカップ(主催:スラックライン推進機構 代表 林映寿)」を超高精細映像の4Kで収録し、地域や長野県内及び全国へ配信する他、今回も大会運営に参画します。また、日本デジタル配信株式会社が運営する4K専門チャンネル「ケーブル4K」で特別番組として10月に全国に向けて放送いたします。この一連の対応は地域の活性化に貢献するスポーツコンテンツの普及促進や競技発展への支援を目的とし、2017年のワールドカップの共同開催から、一昨年のジャパンカップ、昨年のワールドカップに続き4年連続での取り組みとなります。(8/20)

■リリースの資料はこちら

7

Goolightでんきセット割キャンペーンを開始

Goolightでんきへの加入と同時にインターネットサービスもご加入いただくと、インターネットサービスの月額利用料が最大で400円割引(12ヶ月間)になるキャンペーンを開始しました。Goolightが提案する新しい生活様式「オンライン授業・リモート会議・テレビ電話」を光インターネットで快適にお使いいただけます。(7/11)

キャンペーンの詳しい内容はこちら

6

受賞歴

ケーブル・アワード2020・第13回ベストプロモーション大賞でGoolightのCM作品が特別賞を受賞

一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主催するケーブル・アワード2020「第13回ベストプロモーション大賞」で、Goolightが制作した『2019スラックラインW杯』の海外向けプロモーションCM作品が特別賞を受賞いたしました。
この作品は、2019年9月に長野県上高井郡小布施町で開催された「スラックラインワールドカップ」のプロモーションを目的としたフル4KによるCM作品で、世界遺産に登録される京都仁和寺(御室桜満開の4月)を舞台に制作したものです。ワールドカップのPRとインバウンドを目的に世界有数の名刹「京都・仁和寺」を全世界にウェブ配信しました。

作品の動画はこちら<スラックラインin仁和寺>
https://www.youtube.com/watch?v=Vx6x-LAbZUM

受賞歴

令和2年度電波の日・情報通信月間「信越総合通信局から感謝状」

令和2年度電波の日・情報通信月間にあたり、Goolightは総務省信越総合通信局から「感謝状」を授与されました。これは、昨年の台風19号豪雨災害において、避難所への公衆無線LAN設備の設置をはじめ、千曲川沿岸状況の報道やドローン等を活用した生中継、さらに被災住民の情報伝達手段の確保などに貢献したことを評価されたものです。(6/1)

日本映画専門チャンネルと時代劇専門チャンネルをハイビジョン放送化

CATVデジタルで放送中の日本映画専門チャンネル(221ch)と時代劇専門チャンネル(234ch)がハイビジョン放送になりました。ハイビジョン放送ならではの高画質な映像で番組をご覧いただけます。(6/1)

5

『米子瀧山不動寺』大護摩供厳修(おおごまくごんしゅう)を生中継

日本三大不動尊のひとつとして全国にその名を知られる米子瀧山不動寺で、新型コロナウイルスの感染拡大防止や、世界平和、鎮護国家、疫病退散、万民豊楽などを併せて祈願する「大護摩供厳修」の模様を地域情報チャンネルで生中継しました。さらに、インターネットを通じ全国・世界にライブ配信を行いました。(5/1)

3

受賞歴

「仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2020」で総務省東北総合通信局特別賞を受賞

3月20日に秋田県で開催された、「仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2020」でGoolightの作品が「総務省東北総合通信局特別賞」を受賞しました。今年で3回目の開催となった仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバルには、日本をはじめ中国やドイツ、アメリカ、ハンガリーなど国内外から65作品の応募があり、Goolightは「令和元年 台風19号災害の報道事例」と題し、昨年10月に発生した台風19号による災害時のドローン活用についてまとめた映像作品を出展しました。番組は発災から日々の災害報道や、日ごと変化する被災地の状況をドローンで撮影した4K映像を収録。4Kならではの高精細な映像という強みを生かし、鮮明な被災地の映像を使った情報発信を行いました。(3/23)

受賞歴

第65回前島密賞に弊社代表取締役社長丸山康照が選出

公益財団法人通信文化協会が主催する第65回前島密賞において、弊社代表取締役社長丸山康照が選出されました。日本ケーブルテレビ連盟のコンテンツ特別委員会委員長として、AJC-CMS(全国ケーブルテレビコンテンツ流通システム)の構築に携わり、地域コンテンツを全国および世界へ発信することを推進し、さらに、業界共通の全国統一編成の4K専門チャンネルの構築と編成を主導し、地域の魅力を4Kコンテンツで発信することで、更なる地域の活性化に寄与するなど、新たなケーブルテレビの可能性を示し、業界発展に大きく貢献したことが評価されました。(3/5)

新サービス「GoolightメッシュWi-Fi」をスタート

メッシュWi-Fi機能を搭載した無線ルータの提供を開始しました。このルータは、親機と中継機を設置することで、網目状に無線の電波が張り巡らされ、常に安定したネットワーク通信を行うことができます。なお、160メガコースと1ギガコースのお客様は、メッシュWi-Fi親機を無料でお使いいただけます。(3/1)

2

台湾民視無線台で「日台藝術交流之旅・最終章」を放映

長野県高山村と台湾新北市烏來区の町づくりを支援する4Kドキュメンタリー番組「日台藝術交流之旅・最終章」が、2月23日(日)に台湾の地上波民放局「民視無線台(FTV)」で放映されました。2017年より、女子美術大学と提携交流を行う国立台湾芸術大学とともに、高山村および台湾・新北市烏來区双方の魅力を学生の視点からデザインで創造しています。活動3年目となる今年度は集大成となる番組です。(2/23)
なお、この番組は3月27日(金)にケーブル4Kチャンネルでも放送されます。

「Goolight開局30周年記念式典・感謝のつどい」を開催

株式会社Goolight「開局30周年記念式典・感謝のつどい」を2月22日、須坂市内で開催しました。総務省信越総合通信局坂中靖志局長、長野県小岩正貴副知事、日本ケーブルテレビ連盟吉崎正弘理事長はじめ、須坂市三木正夫市長、高山村内山信行村長のご臨席をいただき、およそ140名が出席いたしました。式典では、Goolightが制作した「色で見る地域の景色」「地域とともに」「30人の皆様からのお祝いメッセージ」を映像で紹介。また、須坂市三木市長からは台風19号の災害報道に対しGoolightに感謝状が授与されました。
株式会社Goolightは、開局30周年をひとつの節目として、これからは「町づくり事業会社」として新たな事業領域にも積極的に挑戦してまいります。(2/22)

Goolight開局30周年記念「NHK青春の歌声コンサート」開催

Goolightは開局30周年を記念したイベントとして「NHK青春の歌声コンサート」を須坂市メセナホールで開催しました。当日は、抽選で招待されたおよそ1,100名のお客様が来場。芹洋子さん、紙ふうせん、合田道人さんとともに事前にリクエストしていただいたおよそ2,000通の応募から上位10曲を楽しみました。(2/11)

須坂市から委託、運営する「ふるさと信州須坂のつどい」を開催

長野県須坂市が主催し、Goolightが委託運営をする「ふるさと信州須坂のつどい」を都内のホテルで開催しました。今年度も須坂市出身者や須坂市にゆかりのある首都圏在住者を招き、須坂市長はじめ、地元政財界の関係者、およそ80名が出席。10回目を記念する今年は、基調講演として信州大学特別栄誉教授・特別特任教授の遠藤守信先生の講演も行われました。(2/8)

1

産学官連携地域文化創生事業「台湾プロジェクト成果報告会」を開催

高山村保健福祉センター(チャオル)で高山村・女子美術大学・(株)Goolight、そして国立台湾芸術大学と展開している産学官連携地域文化創生事業「台湾プロジェクトの成果報告会」を開催しました。
2006年から地方創生連携事業を展開している女子美術大学、長野県高山村、株式会社Goolightは、2017年より、女子美術大学と提携交流を行う国立台湾芸術大学とともに、高山村および台湾・新北市烏來区双方の魅力を学生の視点から創造発信しており、台湾プロジェクトは本年度3年目を迎えました。報告会では、台北駐日経済文化代表処梁毅鵬顧問を来賓にお迎えし、内山信行高山村長や村議会議員、小倉文子女子美術大学学長、陳志誠国立台湾芸術大学学長らが出席する中、今年度のプロジェクトテーマである高山村の「手ぬぐい」、烏來区の「お土産用紙袋」のデザインについて、その制作過程やコンセプトなどの発表を行いました。
なお、Goolightでは、長野県高山村と台湾新北市烏來区の町づくりを支援するドキュメンタリー番組を4K映像で制作しています。この番組は台湾の地上波民放局とケーブル4Kチャンネルで全国放送します。(1/29)

<放送予定>
FTV民視無線台 2月23日(日)17:30~
ケーブル4K 3月27日(金)予定

特別番組「須坂市長選挙開票速報」を生中継で放送

Goolightでは、特別番組「須坂市長選挙開票速報」を1月19日(日)21時から最終確定票判明まで、スタジオと開票所、各陣営を結び生中継で放送しました。開票作業終了後、当選した三木市長にはスタジオにお越しいただき、5期目の抱負と決意を伺いました。(1/19)

なお、Goolightでは須坂市長選挙に関する有権者アンケート調査を実施しました。ご協力いただいた皆様には、たくさんの回答・ご意見をいただきありがとうございました。集計結果は以下のページにて公開しています。
https://www.goolight.co.jp/news/20200121news