【プレスリリース】
ニュースポーツ「スラックライン」のW 杯で5G を活用したゲーム感覚の競技映像で大会を盛り上げ
~スポーツを起点とした新たな地域活性化を推進~

2019年9月20日


KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社Goolight(本社:長野県須坂市、代表取締役社長: 丸山 康照、以下 Goolight)、アソビズム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大手 智之、以下 アソビズム)、一般社団法人スラックライン推進機構(本部:長野県上高井郡小布施町、代表理事:林 映寿、以下 スラックライン推進機構)、長野県上高井郡小布施町(町長:市村 良三、以下 小布施町)は、2019 年9月15日に小布施総合公園で開催された「2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ」において、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用し、ライン上で繰り広げられる高度な競技の様子を4K 高精細映像で撮影し、会場内に設置した大型モニターでリアルタイムに中継すると同時に、競技の難易度やジャンプの高さなどの判定結果を表示することによる選手と一体感のある観戦体験を提供しました。

■リリースの資料はこちら
※PDFで開きます

関連リンク