「仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2020」で「東北総合通信局特別賞」を受賞

2020年3月25日


3月20日に秋田県で開催された、仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2020でGoolightが制作した「台風19号災害報道」の一連の作品が総務省東北総合通信局・特別賞を受賞しました。

今年で3回目の開催となった仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバルには、日本をはじめ中国やドイツ、アメリカ、ハンガリーなど国内外から65作品の応募がありました。Goolightは昨年10月に長野県千曲川一体で発災した「東日本台風」のドローンを活用したニュース報道をまとめエントリーしました。

作品には、弊社が行った日々の災害報道や、日ごと変化する被災地の状況をドローンで撮影した4K映像を収録。4Kならではの高精細な映像という強みを生かし、鮮明な被災地の映像を使った情報発信を行いました。
昨今の大規模災害時におけるドローンの特性を活用し、その有効性を訴求した報道が評価されました。
本フェスティバルでの受賞は、昨年に続き2回目となります。

■「仙北インターナショナルドローンフィルムフェスティバル2020」受賞作品発表
https://www.drone-fes.com/news/info/641.html