第46回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード
Goolightが4Kで制作した番組が新人賞部門奨励賞を受賞

2020年9月18日

(写真:9月17日、オンラインで開催された授賞式 番組を担当したチャーチ敦子)

Goolightが4Kで制作した番組「よくばりな人生~報道写真家・笹本恒子~」が、第46回日本ケーブルテレビ大賞番組アワードで214作品の応募の中から新人賞部門奨励賞を受賞いたしました。

この番組は、女性初の報道写真家である笹本恒子さんを独自に取材したもので、大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いてきた彼女が令和時代を迎え後世に残したい言葉とは何か、報道写真家として何を感じ、何を写してきたのか、ひたむきに生きる現在の姿と撮り続けてきた写真から、笹本さんの生き様に迫り、こだわりや思いを探りました。

今年の番組アワードは、コンペティション部門、コミュニティ部門、新人賞部門、4K部門の4部門で行われ、全国のケーブルテレビから合計214作品の応募がありました。その他の受賞番組はこちらに掲載されています。

<日本ケーブルテレビ連盟ホームページ>
https://www.catv-jcta.jp/topics/detail/1798