『中古パソコン』の購入はご注意ください

2021年11月17日

一見、安くみえる『中古パソコン』ですが、以下のようなケースが考えられます。パソコンのお買い替えは、新品のパソコンをお勧めいたします。


『マイクロソフトオフィス』の代わりに、『別のオフィスソフト』がインストールされている場合、互換性があるとうたわれていますが、マイクロソフトオフィスで作成したワードやエクセルのファイルが正しく開けないことがあります。
『マイクロソフトオフィス』と同じ使い方はできません。
(マイクロソフトオフィスパーソナル2019 参考価格32,000円)


外見はきれいに見えても、中の部品は経年劣化を起こしています。
例えば、一日8時間、年250日、勤務する人が3年間使っていた場合、6000時間も動いていたことになります。一般のご家庭とは、約3800時間も動いていた時間が違います。

■官公庁や企業で使ったいたパソコンの場合
一日8時間×年間250日×3年リース・・・6000時間動いていた!
■一般的なご家庭で使うパソコンの場合
一日2時間×年365日×3年    ・・・2190時間


販売店の多くは、一時的に県外から来ている事業者のため、この地域に店舗はありません。また、メーカーサポートがすでに切れており、リカバリディスク等の重要な付属品もありません。

Goolightでは、新品・中古パソコンを問わず、無料出張サポートでお困りごとのご相談を受け付けております。また、弊社でもお使いいただくお客様に合わせた3機種のラインナップでパソコンをご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。